MENU

予防医療|平野動物病院 犬・猫・小動物の診療 千葉県木更津市幸町

予防医療

Medical

予防医療

予防医療の発展により、ワンちゃんネコちゃんの寿命も以前より伸びました。健康維持のためにもしっかり予防を行いましょう。

フィラリア予防

フィラリア予防

フィラリアはある特定の蚊(ヒトスジシマカやアカイエカ)が中心となって媒介し、ワンちゃんやネコちゃんに感染します。フィラリアに感染しているワンちゃんの血液には、ミクロフィラリアという仔虫がいっぱいいます。それを蚊が吸血し、蚊の体内で感染力を持つ大きさまで育った後、蚊が他のワンちゃんを刺したときに感染します。仔虫はワンちゃんの体内の筋肉や脂肪組織のなかを通って、大きく育ちながら最終的に心臓の肺動脈に寄生します。ソーメンくらいの長さのフィラリアが何十匹も肺動脈に寄生しますので、肺動脈が詰まってしまって肺高血圧症になったり、フィラリアが突然心臓の中におりてきてしまうと、急性犬糸状虫症候群となり緊急手術が必要になったりします。

予防方法は蚊が出ていて感染力のある仔虫がいる期間、月に1回予防薬を投薬しワンちゃんの筋肉や脂肪組織の中にいる仔虫をまとめて殺すことになります。心臓に到達する前に仔虫をやっつけるイメージです。予防薬を投薬する期間は地域によって異なりますが、当院ではHDUという気温の積算とフィラリアの感染力の関係に基づき投薬期間を決めています(詳しくはこちら)。
千葉県では5月から11月下旬、または12月上旬までとなっています。地球温暖化により平均気温が上昇していますので、将来はもう少し投薬期間が延びるかもしれません。都内や神奈川県の都市部ではフィラリアはかなり少なくなっていますが、当院のある千葉県木更津市や君津、袖ヶ浦、市原市周辺ではまだまだフィラリア症の発生が年に何頭も発生しています。

当院では前年確実に5月から12月まで投薬したワンちゃんは、抗原検査なしでフィラリア予防薬をお出しすることができます。ご心配な方は検査することも可能です。

前年の投薬期間が短かったり、投薬していなかったりした場合、必ず感染していないか抗原検査が必要となります。もし万が一感染してしまっていて予防量を投薬してしまうと、ワンちゃんが最悪亡くなってしまう恐れがありますのでご注意ください。余っているものを投薬したり、インターネットで購入して投薬することは危険ですので必ずご相談ください。
フィラリアにかかると、感染して数年たってから症状が出ます。乾いた咳が出たり、疲れやすくなったり、重症だと腹水がたまったり喀血したりします。フィラリアに一度感染すると原則摘出することは難しいので、これ以上感染しないようにするのと肺動脈内に寄生しているフィラリアが弱って死ぬのを待つことになります。しかしながら血管が傷んだり、肺高血圧症になるのでワンちゃんの体にとっては予防が一番重要になります。

予防薬は現在当院では錠剤、チュアブル(おやつ風)のものがございます。また、フィラリアだけでなくノミダニやおなかの虫にまで効果のある、オールインワンのネクスガードスペクトラ(←おススメ!)もございます。

ノミダニ予防

ノミダニ予防

お散歩中、ほかのワンちゃんと接触したり、草むらの中に入ったときに寄生します。ノミはただかゆいだけでなく、アレルギー性皮膚炎の原因となったり、瓜実条虫などほかの寄生虫を媒介する原因となります。また人も刺されることがありますので、特に春先から秋は注意が必要です。また、人間が家の中に持ち込むこともあるようで、外に出たことのない動物が感染することもあります。

ダニは昨今、SFTS(重症熱性血小板減少症)ウイルスを媒介することで注意が必要です。実際にネコちゃんがダニに刺されて発症し、そのネコちゃんを診察した獣医師や看護師がSFTSウイルスに感染してしまった例も出ています。人に感染すると最悪死亡することもあります。まだ千葉では感染例は出ていないようですが、十分に調べられていない可能性が高いそうですのでしっかりと予防を行いましょう。

ノミダニの予防薬は当院では一回の投与で1ヵ月効果が続くフロントラインプラス(滴下タイプ)、ネクスガードスペクトラ(ワンちゃん、チュアブル)、ブロードライン(ネコちゃん、滴下タイプ)、クレデリオ(ワンちゃん、ビーフフレーバー錠)があります。また3ヵ月効果が続くブラベクト(ワンちゃんはチュアブルまたは滴下タイプ、ネコちゃんは滴下タイプ)もございます。

混合ワクチン接種

混合ワクチン接種

ワンちゃんネコちゃんの命に直接かかわるような感染症を予防するワクチンです。接種する時期や回数は、月例や初回に打ったタイミングにより変わってきます。最初の時期だけ1ヵ月間隔で2回もしくは3回、あとは1年ごとに接種するのが一般的となっております。ワクチネーションプログラムや、ワクチンアレルギーの有無によって変わってきますのでご相談ください。

6種混合ワクチン
(パルボウイルス感染症 ジステンパー 犬伝染性肝炎 アデノウイルス(2型)感染症 犬パラインフルエンザ 犬コロナウイルス感染症)
8種混合ワクチン
(上記に加えて犬レプトスピラ症(2種類))

ネコ

3種混合ワクチン
(ウイルス性鼻気管炎 カリシウイルス感染症 猫汎白血球減少症)
5種混合ワクチン
(上記に加えて猫白血病ウイルス、猫クラミジア症)
エイズウイルスワクチン

狂犬病予防接種

生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により狂犬病予防注射が毎年義務付けられています。当院で接種できますのでご利用ください。木更津、君津、富津、袖ヶ浦にお住まいの方は登録手続きも代行しますので便利です。鑑札は後日ご自宅に郵送いたします。初めての狂犬病ワクチン接種の方は別途登録料が3500円、継続の方は550円かかります。

不妊手術

不妊手術

男の子は無駄吠え、発情・マーキング防止、女の子は望まれない妊娠を防いだり、乳腺腫瘍や子宮・卵巣の病気を防ぐことができます。繁殖する計画がないのであれば、病気の予防になりますので不妊手術をしたほうが良いでしょう。生後6ヵ月以上で実施できます(大型犬は1年から1年半)。
去勢、避妊手術ともに一泊お泊りの手術となります。手術当日午前10時半くらいまでに来院してください。また、手術当日は絶食絶水でいらっしゃってください。ご飯を食べてしまうと麻酔がかけられませんのでご注意ください。当日の昼前から夕方にかけて手術を実施します。お迎えは翌日の診察時間内となります。すべての手術は原則予約制ですので事前にご相談ください。日曜祝日と水曜日は手術を行っておりません。

ノラ猫さんなどで捕まえられるかどうかわからない方は、捕まったらご連絡ください。スケジュールの都合で1泊から2泊余計にお預かりするかもしれませんが、何とか対応いたします。手術の無断キャンセルや、とりあえず予約だけいっぱい入れておくというのは遠慮ください。もし当日連れて来られなくなった場合はご連絡をください。
メスのワンちゃんネコちゃんと、オスのワンちゃんの手術は原則抜糸が必要になります。ノラ猫さんなどで抜糸に連れて来られない場合はご相談ください。